くろしお薬局グループ - よく働き よく学び よく遊ぼう

有限会社 くろしおライフケア
よく働く!
よく学ぶ!
よく遊ぶ!
採用情報
インターンシップ
奨学金制度
会社案内
店舗・スタッフ紹介
お問合わせ
menu
商品案内
よく学ぶ!
新人研修はしっかりと
新卒、中途採用に関わらず研修は受けていただきます。
ただし、全部を学び終えるまで現場に立たないのではありません。現場に立ちながら、平行して研修をやるので結果的に身につくのは早くなります。
研修内容は下記の表をご覧下さい。
継続研修
毎月第3週には新人もベテランも共に集い、勉強会を行います。
製品説明、症例発表、医師による疾患説明、そして実力テストなど様々な内容です。

また、全店が閲覧可能な文献検索システムに加入し、最新の論文に基づいた勉強を各自ができるようにしています。
新人研修内容
1・会社説明
[1]就業規則
[2]福利厚生
[3]給与・賞与の決定方法


2・薬剤師職として
[1]接客の心構え

[2]医療保険勉強(保険調剤業務)
(1)社保、国保、各種公費の理解
(2)各種保険点数の理解
(3)調剤点数の計算練習(手計算)

[3]外来窓口業務
(1)投薬練習その1(ロールプレイング):あまり知識がない中でやってみる
(2)薬品別投薬内容の習得
(3)添付文書の読み方
(4)検査値習得(基本部分は暗記)
(5)体調チェックチャートの理解(薬とADLの関係を学ぶ)
(6)薬練習その2(ロールプレイング):2)〜4)を学んだ後での練習
(7)薬歴の書き方(実践前の事前練習)
(8)調剤過誤について(防止策と起こしてしまった場合の対応)
(9)レセプトコンピューター入力練習
(10)分包機の使用方法、印字のルール
(11)小児薬用量の計算方法と、粉薬、水薬の調剤ルール

[4]介護保険および地域保健
(1)介護保険の抱える現状理解と薬剤師の関わり
(2)地域保健に貢献する薬剤師とは

[5]介護用品とOTCの習得

[6]まとめと目標設定
これからの社会が求める薬剤師像を考え、自分の半年、3、5、10年後を想定する。 半年後の目標を用紙へ記入(査定で使用)
勉強会実地状況
2017.4.20〔Thu〕
@リンゼス錠・イリボー錠についてA検査値からの疑義紹介について
講師:@アステラス製薬A森田咲実(くろしお薬局朝倉西店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:29名
@製品説明では過敏性腸症候群の治療薬の種類や機序の違いなど説明していただきました。
A検査値により減量や薬剤変更を考慮する必要がある薬剤について知識を深めました。
2017.3.16〔Thu〕
@イフェクサーSR・ワントラムAGE関連
講師:ファイザー
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:21名
 商品紹介からは詳しい作用機序を交えた効果についてGEは市場や今後の展望などについて説明してもらいました。
2017.2.15〔Thu〕
@ルネスタ錠AOTCについての基礎研修
講師:@Aエーザイ
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:20名
製品説明では非ベンゾジアゼピン系のアモバン・マイスリーとの作用の違いをOTCで陳列・レイアウト例など基礎的なことを教えてもらいました。
2017.1.26〔Thu〕
@糖尿病治療薬の現状と課題についてA不整脈の服薬指導
講師:@武田薬品
    A山田悦弘(あじさい薬局介良店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:20名
2016.11.17〔Thu〕
@ビラノア錠A学術大会報告B実務実習発表
講師:@大鵬
    A学術大会参加者残り2名
    B実習生(佐川店・追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:28名
 実習最終週となり各薬局で学んだことを発表してもらいました。
 2名ともV期の病院実習があり薬局で学んだことが生かせるといいですね。          11週間お疲れ様でした。
2016.10.20〔Thu〕
@インスリン自己注射のポイントA日本薬剤師会学術大会参加者発表
講師:@サノフィ
    A学術大会参加者15名
時間:19:30〜21:00
参加人数:30名
10/8・9に行われました学術大会で学んできたことを発表してもらいました。
2016.9.15〔Thu]
@台湾研修A便秘と漢方薬
講師:@津野(神田月光薬局)
    Aツムラ
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:23名
漢方の煎じを実施する神田月光薬局から台湾出張の話をしてもらいました。
 
町の薬局のこと医療機関のこと学校のことなど中国の漢方に対する考え方などを教えていただきました。
2016.8.25〔Thu〕
@フォルテオ皮下注Aサインバルタ
講師:@A日本イーライリリー
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:26名
フォルテオについては骨粗鬆症治療におけるフォルテオの役割について、サインバルタについては慢性腰痛症に伴う疼痛に対する有用性について説明してもらいました。
2016.7.21〔Thu〕
@糖尿病ガイドライン2016 A実務実習発表
講師:@アステラス
    A実習生
     (ポプラ薬局・朝倉西・追手筋)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:32名(実習生3名含む)
 実習生には11週間学んだ成果を発表してもらいました。
 疾患を掘り下げたり、在宅のことや散剤の味見のことや様々なことを学んだようです。
2016.6.16〔Thu〕
@エフコート A症例発表
講師:@サンスター
    A村岡(くろしお薬局佐川店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:28名(実習生3名含む)
メーカーからスイッチOTCのフッ化洗口剤エフコートについて症例発表では「かかりつけ薬剤師として減薬に成功した認知症患者」について発表しました。
2016.5.19〔Thu〕
@フィコンパAJ−HOP発表
講師:@エーザイ
    A溝淵・岡田・竹井・宮部
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:33名(実習生3名含む)
中四国地区で初めて行われましたJ−HOPの学術大会に参加したメンバーから発表していただきました。
 基礎的なことから新たに学んだことプラスそれを自分たちでどのように生かすかなど具体的な発表となりました。
2016.4.14[Thu]
2016年度 調剤報酬改定 Q&Aの解釈もふまえて
講師:アルフレッサ
時間:19:30〜21:00
場所:四国アルフレッサ 高知第一支店
参加人数:薬剤師:36名 事務:30名
2016年度 調剤報酬の改定内容をQ&Aの解釈もふまえて詳しく解説していただきました。
地域包括ケアシステムにおいて、薬局薬剤師が求めれていること、患者さんのための薬局ビジョンを再確認しました。

『門前』から『かかりつけ』、そして『地域』へ

3つの柱
@立地から機能へ
A対物業務から対人業務へ
Bバラバラから一つへ
2016.1.21〔Thu〕
@ベタニスA調剤報酬改定
講師:@アステラス
    Aアルフレッサ
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:30名
2016年度の調剤報酬改定(医科)について説明してもらいました。調剤だけでなく医科の方も聞くことで参考になりました。
2015.11.19〔Thu〕
@ミティキュアA学術大会報告B実務実習生発表
講師:@鳥居薬品
    A学術大会参加者
    B実習生(2名)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:25名(実習生2名)
 中四国学術大会参加者による報告と実習生による発表を行いました。
11週間学んだ学生は当初の目標、服薬指導100人を達成したことも盛り込んだ堂々とした発表となりました。
2015.10.15〔Thu〕
@インスリングラルギンBS注/トシティーA中四国学術大会演題予行演習
講師:@日本イーライリリー
    A伊藤悠人(ひつざん薬局朝倉店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:30名(実習生2名)
メーカーから、バイオシミラー(BS)とトルシティーの手技について、店舗からは学術大会の予行演習を行いました。
2015.9.17〔Thu〕
@骨粗鬆症の予防と治療のガイドライン2015A訪問診療による関わり、在宅緩和ケアを中心として
講師:@帝人ファーマ
    Aかもだの診療所 院長 市川英明医師
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:40名(実習生2名)
市川医師より緩和ケアと看取りについて講演していただきました。在宅でも多職種が連携を取り合うことにより患者さんも安心して在宅で過ごすことが出来る再確認ができた講演でした。
2015.8.20〔Thu〕
@タケキャブの効果と除菌後のフォローA痔の症状別治療の実際
講師:@武田薬品A天藤製薬
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:24名
 武田製薬からはピロリ除菌に関する知識と効果について天藤製薬からは痔疾患に関する知識を講義していただきました。
20015.7.23〔Thu〕
@ソバルディ・ハーボニー配合錠A実務実習生発表
講師:@ギリアド・サイエンシズ
    A朝倉西店・追手筋店実習生
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:26名
 ギリアドからC型肝炎治療薬について、実習生からは薬局実習を通じて発表してもらいました。
2015.6.18〔Thu〕
@エフィエント錠A多汗症
講師:@第一三共
    A岡崎陽生(あじさい薬局介良店)
時間:19:30〜21:00
参加人数:26名(実習生2名)
第一三共からはPCIとエフィエントについて、あじさい薬局介良店からは多汗症の病態と治療方法について発表してもらいました。
2015.5.21〔Thu〕
@イグザレルト錠
講師:バイエル薬品
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:31名(実習生2名)
 イグザレルトを含むNOAC全体の話からワーファリンとの比較試験・静脈塞栓症の病態まで幅広く説明してもらいました。
2015.4.16〔Thu〕
@認知症患者もしくは疑われる方が来局したときの薬剤師の対応・接遇 Part2
講師:エーザイ
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:25名
 エーザイが行う好評の認知症関連のSGDの第2弾。『薬が入ってなかった』『え、薬代払うの』の2題について動画を見た後でSGDを行いました。
2015.3.19〔Thu〕
@アレルギー性鼻炎と漢方薬A東洋医学の考え方
講師:@ツムラ
    A津野隆司(神田月光薬局)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:26名
 疾患に対する西洋医学と東洋医学の治療の違いについて、症例を交えながら発表してもらいました。
 漢方処方は個人の状態に応じて処方されるために考え方をしっかり理解しておくことが重要性です。
2015.1.15〔Thu〕
@ベルソムラ錠A吸入療法における指導について
講師:@MSD
    A岡崎 桂(薬局清流けら店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:24名
小児科・アレルギー科の門前ならではの視点で
吸入剤の選択や吸入する際のポイント、補助器のメンテナンスなど細かい部分も含めて発表してもらいました。
2015.2.19〔Thu〕
@モーラス・ノルスパンテープA疼痛治療
講師:@久光製薬
  A久保田直之(あじさい薬局杉井流店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:33名
慢性疼痛に関する薬剤を使用する際の注意点や実際の症例を交えて漸増・漸減の仕方などを発表してもらいました。
204.11.20〔Thu〕
@レビー小体型認知症A中四国学術大会報告
講師:@エーザイ
    A西村(法・直)森本・伊藤
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:31名
薬剤師会の青年部会に所属している4人が県薬剤師会として学会に出席。そこで発表した内容について説明してもらいました。
2014.10.16〔Thu〕
@ホルモン療法と不妊治療
講師:あすか製薬
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:34名
 HRTにおける症状別、ほ治療方法や不妊治療においてホルモン剤をどのように使い分けるのかなど、詳しく教えてもらいました。
2014.9.18〔Thu〕
@フェントステープA無菌調剤室についてB緩和ケア事例検討会
講師:@久光製薬
    A志磨村祐加(ひつざん薬局)
    B伊藤 悠人(ひつざん薬局)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:32名
 グループで2薬局に設置している無菌調剤室の使い方、注意点など実際の調剤している写真とともに発表してもらいました。
 緩和ケア事例検討会では国立病院で発表した内容を再度みんなの前でしてもらいました。
2016.8.21〔Thu〕
@カナグル・テネリア A薬剤師国家試験問題
講師:@田辺三菱製薬
    A学術委員会
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:26名
 6年生の学生がどのような国家試験を受けて現場に出てきているか、抜粋して問題を解いてきました。
 現役の薬剤師でも頭をひねるような問題もあり、勉強を継続して行う重要性を改めて思い知らされました。
2016.7.16[Wed]
@ソブリアードカプセルA実務実習生発表
講師:@ヤンセンファーマ
    A実務実習生2名
    (ポプラ薬局・くろしお薬局追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:24名
 11週間で学んだことを2名の実務実習生に発表してもらいました。指導薬剤師は毎年、この発表を聞くまで十分教えきれたか不安でしたがしっかり学んでくれたようです。 

2名とも素晴らしい発表でした。
2014.6.19[Thu]
@サインバルタAJ−HOP発表
講師:@日本イーライリリー
    AJ−HOP参加者
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:
 J−HOP(全国薬剤師・在宅療養支援連絡会)の学術大会に参加したメンバーより要点を発表してもらいました。

 高知県も在宅医療が広まる中、全国から集まった在宅知識の豊富な薬剤師と積極的な交流が図られたようです。
2014.5.29[Thu]
@シダトレンスギ花粉舌下液Aハイリスク薬ニ関する小冊子の作成
講師:@鳥居薬品
    ASGD
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:35名
患者さんへの冊子を作ることでハイリスク薬の知識より一層深めようと、事前学習をしたうえでのSGDとなりました。

幅広い項目でまとめきれない部分もありましたが、薬の知識、使い方の注意点、副作用、病気についてなどたくさんの項目をあげての発表となりました。
2014.4.17[Thu]
@スーグラAお薬手帳を活用してもらう為に
講師:@アステラス
   ASGD
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:薬剤師25名
改訂に伴い手帳の普及を今まで以上にしていく必要がある中で、持ってない人への普及の方法をSGDディスカッション形式で話し合ってもらいました。それと同時に現在の算定の状況、各対策なども情報共有しました。
2014.3.20[Thu]
@漢方A調剤報酬改定
講師:@ツムラ
A四国アルフレッサ(株)
時間:19:30〜21:00
場所:四国アルフレッサ
参加人数:薬剤師:37名
事務:13名
2014年診療報酬改定に伴い、調剤部分についての説明をしていただきました。
3/23の薬剤師会調剤報酬改定説明会の予備知識を入れることができた説明会となりました。
2014.2.27[Thu]
@エピペンA簡易懸濁法B退院時共同指導
講師:@ファイザー
A宮部祐輔(あじさい薬局北本町店)
   B伊藤悠人(ひつざん薬局朝倉店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:32名
簡易懸濁法実技をまじえて、配合変化の状況・チューブの閉塞具合などを体験しました。
 
 退院時共同指導については病院・在宅医との話し合いよ様子や退院後の調剤方法・相互作用による薬剤の調整・請求方法などを発表しました。
2014.1.16[Thu]
@エパデールA脂質について
講師:@持田
    AJA高知病院 形成外科・皮膚科 
      野田 理香医師
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:32名
 食品に含まれる油脂類について詳しく説明、ω3系の油を控えることで皮膚症状が改善した例なども交えて説明していただきました。
2013.11.14[Thu]
@CKDA日本腎臓薬物療法学会学術集会発表BCKDの基礎C実務実習生発表
講師:@アステラス
   A西村法恵(薬局清流けら店)
   B岡田祐規子(くろしお薬局追手筋店)
   C実務実習生(ポプラ・ひつざん薬局)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:39名(うち実習生3名)
 メーカー・職員からはCKDについて薬物療法の意義やeGFRについての説明、実習生は薬局実習で学んだことを発表しました。
2013.10.10.[Thu]
@レクサプロA感情障害について〜うつ病の薬物療法〜
講師:@田辺三菱
    A近森病院総合診療センター          センター長 明神 和弘医師
時間:19:15〜21:00
場所:近森リハビリテーション病院7階
 医師の講演では病状や抗うつ薬・抗躁薬の使い方・効果・副作用などわかりやすく説明していただきました。
2013.9.26[Thu]
@ノウリアストA学術大会発表
講師:@協和発酵キリン
    A学会参加者
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:33人
 日本緩和医療薬学会と日本薬剤師会学術大会の参加者による報告会でした。
 全国大会なのでみんな刺激を受けての報告となりました。
2013.8.22[Thu]
@ネオキシテープA患者を”みる”薬歴を書いてみよう
講師:@旭化成ファーマ
    A川添哲嗣(くろしお薬局)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:27名
 『薬・患者・連携』や5+5+5(五感+5領域+5つのバイタルサイン)について、わかりやすく解説。どのように薬歴に記入していくか、その過程も含めてディスカッションを行いました。
 
2013.7.18[Thu]
@薬剤師認知症服薬指導研修会A実務実習報告
講師:@エーザイ
    A実務実習生(くろしお薬局追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター
参加人数:28名
 ビデオ講習、SGDを交えて薬剤師が認知症の疑いのある患者にどのように共感、接すればよいか、服薬コンプライアンス、アドヒアランスを上げるために必要なことを学びました。
 
 
2013.6.20[Thu]
@アリミデックスAJ-HOP報告会B小テスト
講師:@アストラゼネカ
    AJ-HOP参加者
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:26名
 6/16(日)東京で行われました、J−HOPに参加した薬剤師より内容の報告をしていただきました。
 
2013.5.23[Thu]
抗HIV治療薬
講師:VIIV
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:27名
高知大学医学部附属病院が全面的に抗HIV治療薬を院外処方するに当たり、今まで触れる機会の少なかった治療薬について診断方法・薬物療法・相互作用・服薬指導のポイントなどについて学びました。
2013.4.18[Thu]
@トラゼンタA業務で役立つ知識
講師:@ベーリンガーインゲルハイム
    A各店
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:32名
 今回も業務に役立つちょっとした知識を
各店5分程度で話してもらいました。
2013.3.14[Thu]
@アミティーザA業務中の少し気になること
講師:@大日本住友
    A各店
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:25名
業務中におこった実際の疑義照会例・散剤を飲みやすくする工夫・薬使用時の処方意図など各店5分程度で発表してもらいました
2013.2.21[Thu]
@漢方A漢方味見会
講師:@ツムラ
時間:19:30〜21:15
場所:あんしんセンター2階
参加人数:28名
漢方全種類を実際に服用して@溶けやすさAにおいB味について調べました。
実際に服用してみてみることでイメージが随分変わりました
2013.1.24[Thu]
@メマリー錠AJPALS
講師:@第一三共                 A森野宏宜(くろしお薬局追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:18名
2012年4月から開始されているJPALSについて活用方法などのポイントについて解説しました。
2012.11.15[Thu]
@アイミクス錠A症例検討会B実務実習生発表
講師:@大日本住友
    A各SGD
    B実習生
   (ポプラ薬局・くろしお薬局追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:29名
 今回も在宅患者の症例を元に食事・排泄・睡眠・運動・認知機能について各薬剤の影響も考えながらSGDを行った。
2012.10.18[Thu]
@レミケードA治癒を見据えた関節リウマチの治療
講師:@田辺三菱A公文義雄医師(近森病院リウマチ・膠原病内科)
時間:19:30〜21:00
場所:近森病院 管理棟3階
関節リウマチに関する病態・治療方法・薬剤師に対する要望など分かりやすく説明してもらいました。
2012.9.20[Thu]
@エルカルチンA症例検討会
講師:@大塚製薬
    A各グループSGD
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:24名
実際の在宅患者の初回情報提供書をもとに@考えられる生活背景A問題点・課題B対応点・解決策をSGD形式で行い発表しました。
2012.8.22[Wed]
@インスリンAインスリン手技&ロールプレイ
講師:@ノボノルディスク
    A各グループ実技
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:31名
インスリンの手技について2人1組になり、患者役、薬剤師役にわかれロールプレイングを実施
2012.7.19[Thu]
@SMBGASMBG手技確認B実習生発表
講師:@バイエル
    A各グループ実技
    B実務実習生
   (ポプラ薬局・くろしお薬局追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:30名
自己血糖測定器・HbA1c測定機器について実際に測定しながら使用方法について確認
2012.6.21[Thu]
@イグザレルトAコンプライアンス向上のための一工夫
講師:@バイエル
    ASGD
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:28名
今回も3グループに別れ『コンプライアンス向上のための一工夫』について議論・発表
2012.5.24[Thu]
@アジルバAヒヤリ・ハット&調剤過誤
講師:@武田薬品
    ASGD
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:27名
日頃起こりやすい事例をSGDを通じて議論・発表
2012.4.19[Thu]
@ジェネリックAお薬手帳の活用法
講師:@エルメッドエーザイ 
    ASGD形式
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:29名
4月よりSGD形式を取り入れ3グループに別れ『お薬手帳の活用法』について議論・発表
2012.2.16[Thu]
@ペンタサA整腸剤
講師:@杏林
   A村岡謙行(ポプラ薬局)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:31名
各整腸剤の特徴・抗生剤投与時の生菌数の変化などを交えて発表
2012.1.19[Thu]
@デュロテップMTパッチ・ワンデュロパッチA潰瘍性大腸炎
講師:@ヤンセンファーマ
    A久保田直之(あじさい薬局杉井流店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:30名
潰瘍性大腸炎(UC)・クローン病(CD)の特長・ガイドライン・治療の実際などについて発表。
2011.11.17[Thu]
@ベニタス錠A実習記録Bドライアイの原因と治療薬
講師:@アステラス                A岡林(ひつざん薬局実習生)        B北村美紀(くろしお薬局佐川店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:29名
A実習のまとめと感想の発表
Bドライアイの原因と治療薬ヒアレイン・ジグアス点眼液の特徴等を発表
2011.10.20[Thu]
@ネキシウムカプセルA膝関節とコンドロイチン
講師:@第一三共                 A森田章弘(くろしお薬局朝倉西店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:31名
膝関節の構造や成分の違い、炎症のメカニズム、OTCを販売する際の患者へのアドバイスの仕方などについて発表しました。
2011.09.15「Thu」
@レクサプロAパルスオキシメーターBMohs氏法
講師:@吉冨薬品                 A池川善水(あじさい薬局介良)       B西村朋代(あじさい薬局)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:30名
@新発売のSSRI商品紹介
Aパルスオキシメーター・飽和酸素濃度の概要と在宅・施設などでの使用状況を報告
BMohs氏法の紹介:皮膚浸潤腫瘍の出血、浸出液、悪臭などを防ぐ方法
適応など多くの問題点はあるものの、より多くの方のQOL向上のために普及が望まれる
2011.8.25[Thu]
@OS-1 A小児呼吸器感染症と外来でよく見られる小児疾患
講師:@大塚製薬
    A西村法恵(薬局清流けら店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:30名
小児の感染症において薬の選択順序や飲ませ方、服薬遵守の重要性について発表があり、最近話題のワクチンについてもあわせて発表してもらいました。
2011.7.21[Thu]
@HPN
講師:@テルモ
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:31名
2011.6.22[WED]
@リパクレオンAジキタリス製剤
講師:@エーザイ
    A河村晃司(くろしお薬局十市店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:30名
2011.5.18[WED]
@プラザキサA脂質代謝異常
講師:@ベーリンガーインゲルハイム
    A藤本佳弘(くろしお薬局万々店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:23名
 脂質代謝異常の中でもsdLDLにスポットをあてインスリン抵抗性に与える影響などについて発表しました。
2011.4.21[THU]
@メマリーA認知症
講師:@第一三共
    A森野宏宜(くろしお薬局追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:27名
 様々な認知症の薬が発売される中、認知症の病態、周辺症状などについて実際の処方例をまじえながらの発表となりました。
2011.3.16[WED]
@漢方A褥瘡
講師:@ツムラ
    A藤本瑞穂(ひつざん薬局)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:30名
 施設や在宅において出会うことが多い褥瘡について好発部位、ステージ、予防・治療方法や全身管理の必要性について、わかりやすい発表となりました。
2011.2.16[WED]
@ザイザル・サーバリックスA抗血栓薬
講師:@GSK
    A大藪美紀(あじさい薬局介良店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:28名
 血栓治療に必要な作用機序や中止期間、また効果に関する試験の紹介など詳しい内容となりました。
2011.1.19[WED]
@アサコールAピロリ菌除菌療法BPPI・H2受容体拮抗薬
講師:@ゼリア
  A竹島淳子(ポプラ薬局)
  B福田孝典(あじさい薬局杉井流店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:33名
 2010年にガイドラインの改定でピロリ菌除菌の重要性が増す中、服用中の注意点や耐性菌について発表、PPI・H2受容体拮抗薬からは作用機序の違いから効果発現時間などについて発表しました。
2010.12.15[WED]
@フォルテオ Aバイエッタ
講師:イーライリリー
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:27名
 最近増えてきた自己注射に関する製品を2剤紹介してもらいました。
 フォルテオは年齢制限・併用薬・保存忘れなどバイエッタは併用薬・注射間隔・増量時期などの質問が多数出ました。
2010年11月17日
@武田薬品「インフルエンザについて」A「緑内障関連」
講師:@武田医薬品
   A星山 清(くろしお薬局佐川店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:36名
@インフルエンザシーズン前に疾患、治療について復習し、普段直接触れる機会の少ないワクチンについて学びました。
A緑内障の病態、分類、治療薬についてまとめ発表して頂きました。握力の弱い方、ふるえがあり上手く点眼できない方などへの点眼方法の紹介もありました。
2010.10.21
@ノルバデックス・アリミデックスA乳がんB子宮疾患
講師:@アストラゼネカ
   A栄枝 綾香(ひつざん薬局)
   B松本 有 (くろしお薬局追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:34名
女性特有の疾患について発表して頂きました。
早期発見・早期治療が大変重要なポイントです。乳がんはマンモグラフィやピンクリボン、子宮頸がんはHPVなど話題になる機会も多くありますがその反面、精神的ケア・プライバシー保護の面でも非常にデリケートな部分を含みます。今回の勉強会をきっかけに正しい知識と適切な服薬指導が出来るよう努めていく必要があると思います。
2010.9.15[WED]
@リリカA喘息B経口抗菌薬
講師:@エーザイ
    A濱田朱(清流けら店)
    B岩村(くろしお薬局朝倉西店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:36名
 喘息では最新のガイドラインや日常における吸入し忘れを防止する工夫などを、経口抗菌薬ではPK-PD理論や相互作用、妊婦・授乳婦への投与について発表しました。
2010.8.19[Thu]
@フェントステープA抗てんかん薬
講師:@協和発酵キリン
    A山下(くろしお薬局十市店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:37名
 様々な作用をもつ抗てんかん薬が発売されましたが、作用機序や注意点を分かりやすくまとめた発表となりました。
2010.7.14[Wed]
@ロゼレム錠 A痛風・高尿酸血症剤 BACE・ARB
講師:@武田薬品
    A古田(くろしお薬局万々店)
    B山本(あじさい薬局介良店)
時間:19:30〜21:00
場所:あんしんセンター2階
参加人数:35名
 痛風・高尿酸血症は最新のガイドラインと副作用を他店からの実際の副作用報告をあわせて、ACE・ARBについては効能効果の違いや半減期の違いで効果に差が出た例などを交えながら発表しました。
2010.6.17[Thu]
@貼付剤 A経口抗がん剤 BSSRI・SNRI
講師:@久光
    A沖原(ひつざん薬局)
    B光富(くろしお薬局追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:かるぽーと9階 第2学習室
参加人数:40名
経口抗がん剤(ハイリスク薬)は分類、用法・用量、実際の処方での注意点などを判りやすく、SSRI・SNRIからは性差、相互作用、特定薬剤との中止期間など発表しました。
 どちらも処方に触れる機会の少ない薬なので、多くの処方に携わる店舗からの貴重な発表となりました。
2010.5.20[Thu]
@免疫抑制剤 A抗アレルギー剤
講師:@久保田(あじさい薬局杉井流店)
    A村岡(くろしお薬局佐川店)
時間:19:30〜21:00
場所:かるぽーと9階 第2学習室
参加人数:42名
 ハイリスク薬にもなっている免疫抑制剤は用法・用量のチェックや相互作用、副作用について、抗アレルギー剤は適応疾患、年齢チェックなど見落とされがちなポイントについて発表しました。
2010.4.22[Thu]
@利尿剤
講師:辻(学術委員)
時間:19:30〜21:00
場所:かるぽーと9階 第2学習室
参加人数:36名
 去年1年間は疾患について勉強しましたが、今年は各薬剤について添付文書を基本に服薬指導に役立つポイントを発表していきます。
 1回目は利尿剤。作用機序、薬物動態、低Na血症、高K血症などについて発表してもらいました。
2010.3.17[Wed]
調剤報酬改定
講師:稲本(薬局清流)
時間:19:30〜21:00
場所:かるぽーと10階 大講義室
参加人数:薬剤師:40名
       事 務:31名
 22年度の調剤報酬改定のポイントについて解説してもらいました。改定については全員が把握する必要があることから、薬剤師、事務の参加となりました。
2009.11.19〔Thu〕
@ジャヌビア錠 A心疾患
講師:@万有製薬
   A山田(あじさい薬局介良店)
時間:19:30〜21:00
場所:高知城ホール2階
参加人数:36名
 心疾患と幅広いテーマの中で不整脈・狭心症・心不全について病態・症状・薬物治療などについて文献を引用しながら、分かりやすく発表しました。
 
2009.10.28〔Wed〕
学術大会報告会
講師:藤本瑞ほか多数
時間:19:30〜21:00
場所:かるぽーと9階 第3学習室
参加人数:44名
 学術大会へ参加できなかった人のために、藤本瑞による再発表と学術大会で吸収してきた内容を質疑応答形式にて発表しました。
 各個人、吸収した内容を薬局にどのように活かしていくかなど具体的な内容となり今後のみんなの活動が楽しみな発表となりました。
 
2009.9.17[Thu]
@麻薬の使い方A訪問薬剤と緩和ケアの実際B摂食・嚥下障害についてC学術大会予行演習
講師:@大日本製薬
   A阿部(あじさい薬局)
   B坂本
   (栄養士・くろしお薬局朝倉西店)
   C藤本瑞(ひつざん薬局朝倉店)
時間:19:30〜21:00
場所:かるぽーと9階 第2学習室
参加人数:41名
 タイトレーション・レスキュードーズ・オピオイドローテーションなど麻薬を扱う上で必要な知識を実際関わった患者を例にどのように使用すればよいか・副作用の不安などをどのように説明するなど分かりやすく発表してもらいました。
 今回、初めて栄養士から摂食・嚥下障害について発表してもらいましたが、薬剤師とは違った視点があり服薬指導で生かせるポイントなどを教えてもらいました。
2009.8.20[Thu]
@スピリーバ A在宅の現状報告
講師:@ベーリンガーインゲルハイム
    A森田(くろしお薬局朝倉西店)
     橋田(くろしお薬局十市店)
     森野(くろしお薬局追手筋店)
     濱田(くろしお薬局追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:かるぽーと9階 第2学習室
参加人数:36名
 くろしおグループ全体で100名近く在宅をいく中で、現状の活動と課題・問題点などを4名の薬剤師に代表して発表してもらいました。
 訪問することで薬の整理・残薬の確認・患者・介護者の安心感・医療関係者とのコミュニケーションなど薬剤師が関わる事の重要性がよく分かった報告でした。
 今後は在宅患者の処方内容にも突っ込んで議論したいと思います。
2009.7.23 [THU]
@脂質異常症中心に生活習慣病A脂質異常症の病態と薬物療法と生活上の注意点B高尿酸血症の病態と薬物療法と生活上の注意点
講師:@アステラス
   A橋田(くろしお薬局 十市店)
   B金澤(くろしお薬局 追手筋店)
時間:19:30〜21:00
場所:かるぽーと9階 第2学習室
参加人数:39名
血圧、糖尿の発表が続きましたが今回は生活習慣病の中でも左記のテーマで勉強しました。単回予定のテーマなので幅広い内容になりました。
生活習慣病は食事との関わりも密接な疾患です。食品、アルコールをはじめ「何がダメか」はもとより「どれくらいが許容範囲か」を患者さんに知っていただくことがQOL向上の重要ポイントになります。正しく理解し患者さんにお伝えできるよう栄養士とも連携をとっていこうと思います。
2009.6.25[Thu]
@糖尿病の薬物療法 A糖尿病の合併症・シックデイ B高血圧(JSH2009)
講師:@イーライリリー
    A金山(あじさい薬局 杉井流店) 
    B稲本(薬局清流)
時間:19:30〜21:00
場所:高知城ホール
参加人数:38人
発表スタイルの第3回目。
 あじさい薬局杉井流店からは糖尿病の最近認知されつつある3大合併症以外の合併症(不眠、歯周病、うつなど)とシックデイの起こる仕組みやシックデイ時の対応について図や写真を交えながら発表しました。 
 薬局清流からは新しく発表されたJSH2009について2004からの変更点について服薬指導のポイントとなる点を挙げながら発表しました。
2009.5.21[Thu]
@介護用品(オムツ)
講師:高知ケンコー産業
   菅原 孝志先生
時間:19:00〜21:00
場所:かるぽーと11階 大講義室
参加人数:56名
       薬剤師:34名
       事 務:22名
薬局で介護用品を取り扱う中で、ニーズが最も多いオムツにスポットをあて、その種類、選び方、使い方などについて勉強しました。
今回は説明をうけるだけでなく、サンプルを使いオムツの質感、吸水量を確認したり、実際にオムツをはいてみて動きやすさなど実感しました。
現在は多種類、多機能的なものが沢山ありサンプルに触れることで使う方の身体の状態、また介護者の側に立ったオムツ選びが提案できるようになりました。
2009.4.15[WED]
@クラビット錠250mg、500mg  A小児在宅について
講師:@第一三共
   Aあおぞら診療所高知潮江
    副院長 松本 務先生
時間:19:30〜21:00
場所:土佐御苑 
参加人数:38名
 高知県で初めて本格的に小児在宅がスタートすることに。今回はこれまで馴染みのない小児の在宅の世界を現場で診て来られている松本Dr.に紹介して頂いた。
 普段外来では生活している風景までは見えない。これまでもいろいろな患者さんと薬を通して話をしてきたが、実際の生活風景をみると一層身が引き締まる思いがした。
 実際に処方箋を受けるにあたりどれだけのことが出来るだろう?
 
2009.3.18[WED]
@α-グルコシダーゼ阻害剤の適正使用 Aインスリン強化療法 B糖尿病の食事・運動療法
講師:@バイエル薬品
    A藤本佳(くろしお薬局 万々店)
    B北村(ポプラ薬局)
時間:19:30〜21:00
場所:かるぽーと9F 第2学習室
 研究会スタイルの第2回目。しばらくは糖尿病について深く掘り下げて勉強していきます。
 今回発表した2店舗は糖尿病に力を入れているDrの処方箋を受けており、文献からのデータ以外にも実際の処方内容や食事・運動のアドバイスを紹介しながらの発表となりました。
 文献からの内容に加えて、実際の例を交えながら発表することで知識として残り、今後の服薬指導に生かせることができる非常にいい発表でした。
2009.3
介護用シューズ
講師:徳武産業鰍ゆみ事業部
時間:19:30〜20:30
場所:くろしお薬局朝倉西店
 患者さんから介護用シューズのニーズの高まりに伴い薬剤師、事務両方からきちんとした知識をつけるために開いた勉強会。
 靴底の高さ、足囲、サイズの決め方、素材選びのポイントなど細かいところまで教えてもらいました。
 これで患者さんからの要望があった際には的確な靴選びのアドバイスができることでしょう。
 
2009.2
@新しい降圧剤治療 A糖尿病の病態 B糖尿病治療薬について・その1(低血糖を知る)
講師:@武田薬品 
    A津野(ひつざん薬局)
    B辻(くろしお薬局 朝倉西店)
時間:PM7:30〜9:00
場所:かるぽーと9F
 今回より、ひとつひとつ疾患について掘り下げていくシリーズ勉強会を始めました。勉強会というより、各薬局が担当を決め、文献検索をしたうえで最新の知識をまとめて発表するという研究会スタイルです。
 聴くだけの勉強会よりも、自分たちが調べる発表することの楽しさを全薬剤師が知ることとなることでしょう。人に語るために準備をすることの大変さを喜びに変えて頑張りましょう〜。
2008.1
@インフルエンザ治療薬とパンデミック対策 ACoQ10の基礎知識
講師:@グラクソスミスクライン、A分子整理科学研究所
時間:PM7:30〜9:00
場所:かるぽーと9F
2008.10
喘息関連
講師:くろしお薬局 朝倉西店 松本
時間:
場所:イーア 4F
薬剤紹介:-
メーカー:-
卸:-
ホスト(敬称略):くろしお薬局 朝倉西店
2008.9.17[WED]
消化器関連
講師:くろしお薬局十市店 山下
時間:19:30〜21:00
場所:イーア 4F
薬剤紹介:-
メーカー:-
卸:-
ホスト(敬称略):くろしお薬局十市店
2008.8.20[WED]
糖尿病性網膜症
講師:くろしお薬局 佐川店 大橋
時間:19:30〜21:00
場所:イーア 4F
薬剤紹介:インシュリン注射
メーカー:ノボノルディスク
卸:-
ホスト(敬称略):くろしお薬局佐川店、学術委員会
2008.7.16[WED]
住宅・ターミナルケア
講師:薬局清流 稲本 / ポプラ薬局 北村
時間:19:30〜21:00
場所:イーア 4F
薬剤紹介:デュロテップ MPパッチ
メーカー:ヤンセン
卸:-
ホスト(敬称略):学術委員会
2008.6.15[SUN]
POS研修会
講師:神戸学院大 上町先生
時間:19:30〜21:00
場所:イーア 4F
薬剤紹介:-
メーカー:-
ホスト(敬称略):川添
2008.5.21[WED]
輸液〜知識編〜
講師:味の素ファルマ
時間:19:30〜21:00
場所:イーア 4F
薬剤紹介:輸液
メーカー:味の素ファルマ
卸:-
ホスト(敬称略):学術委員会:山田、阿部
2008.4.23[WED]
ジェネリック医薬品について
講師:明治製菓:森野信一郎先生
時間:19:30〜21:00
場所:イーア 4F
メーカー:明治製菓
ホスト(敬称略):学術委員会:森野
2008.3.20[THU]
(AM)調剤報酬改正について
講師:薬局清流:稲本悠先生/川添(哲)、濱田(武)
時間:9:30〜11:30
場所:かるぽーと 11F 大講義室
メーカー:-
卸:-
ホスト(敬称略):学術委員会
2008.02.20[WED]
2/3(日)HIP研究会フォーラム参加者による報告
講師:HIP研究会フォーラム参加者(阿部、海老沢、西本、辻、北村、各氏)
時間:19:45〜21:00
場所:イーア 4F
薬剤紹介:輸液
メーカー:大塚製薬
卸:-
ホスト(敬称略):学術委員会:辻、村岡、福田
2008.01.30[WED]
『在宅・介護-導入編-』
講師:川添(哲)
時間:19:45〜21:30
場所:イーア 4F
薬剤紹介:リレンザ
メーカー:グラクソ
卸:-
ホスト(敬称略):学術委員会

copy